内科・皮膚科・循環器科・胃腸科・呼吸器科・放射線科

堀田病院のロゴマーク

電話番号 052-521-5527

月・火・木・金:9:00~18:40まで / 水・土:9:00~12:10まで

入院患者様へのお問い合わせは「病棟携帯電話」におかけください

HOME > ドクターコラム > 食中毒について

ドクターコラム

食中毒について

     《食中毒について》

 

《夏は細菌による食中毒が増える時期》

   毎年8月は厚生労働省によって『食品衛生月間』に定められているように、

   夏場(6月〜9月)は細菌が原因となる食中毒が多く発生しています。

   なぜ夏場に食中毒が増えるのでしょうか??

   その理由の一つが『高温多湿な環境』にあります。

 

《細菌発育の3条件》

   1. 栄養→◎ヒトにとって栄養となる食品は、細菌にとっても栄養源となります。

         ◎調理器具類では、食品の残渣や汚れが細菌にとって栄養源となります。

   2. 水分→◎細菌は、食品中の水分を利用して増殖します。

          水分含量50%以下では発育しにくく、20%以下では発育できません。

   3. 温度→◎ほとんどの細菌は、10℃〜60℃で増殖し、

            36℃前後で最もよく発育します。

 

《食中毒予防の3原則》

   1. つけない→☆手洗いをしっかり行い、清潔な手指で調理をしましょう☆

           ☆原材料、調理器具は清潔なものを使用しましょう☆

   2. 増やさない→☆調理、加工は迅速に行いましょう☆

            ☆冷却をして細菌の活動を抑えましょう☆

   3. やっつける→☆加熱をして細菌を死滅させましょう☆

 

《食中毒の種類》

 細菌名  感染源  潜伏期間   症状    予防法

黄色ブドウ

   球菌

人、動物の

化膿巣

おにぎり

30分〜

  6時間

嘔吐、腹痛

 下痢

手をこまめに洗う

おにぎりはラップでにぎる

腸炎ビブリオ            

海水

生鮮魚介類

8時間〜

  24時間

嘔吐、腹痛    下痢

頭痛、発熱

真水でよく洗う

酸に弱い

サルモネラ     

肉、卵

家畜、ねずみ       

8時間〜

  48時間

嘔吐、腹痛

下痢、発熱

70℃1分間

以上加熱

カンピロ      

     バクター

動物性食品

 

 2日〜7日    

嘔吐、腹痛

下痢、発熱

60℃20分間

以上加熱

 

ウェルシュ 菌          

 

 

汚染された

肉類や

魚介類食品

 

5時間〜

  24時間 

腹痛、下痢 調理済食品を室温で放置しない

 

前ページへ戻る

診療時間

内科

9:00~13:00
9:00~12:30
15:00~19:00//

皮膚科

//9:00~12:30///
受付時間診療終了時間の20分前まで
電話問合わせ時間 診療終了時間の20分前まで
休診日水・土曜日午後・日曜・祝日
  • 当院では、在宅訪問診療を行っております。
  • 地域医療連携について
  • 特定検診・予防接種
  • 無料参加の健康教室を毎週開催しています。
  • ネット受付はこちらから

ページトップ


Copyright (C) HOTTA HOSPITAL, All rights reserved.